Start to Like

合コンの話題で場をしらけさせないようにするには

理想のパートナー像を描く

もう少し慎重になって

ハートを持つ人

結婚相手の選び方として、求める条件をできるだけ具体的に書き出しておいた方が良いと思います。年収はいくら以上がよいか、どんな仕事がよいか、ルックスはどんな人がよいか等です。また、こんな人だったら嫌だな、ということも書き出しておきます。自分の理想とする結婚相手を、よりリアルに感じ取ります。こうして理想をビジョンとして確立させておくのは、結婚してから「こんなはずじゃなかった。」と後悔することを避けたいからです。直感でお付き合いすることは良いと思いますが、彼氏・彼女の段階で結婚相手としてどうか常に考えることが今後に繋がります。自分が幸せになるために、生涯を共にするパートナーの選び方は慎重に行うべきです。しかし、理想をただ羅列してもそんな完璧な人が現れる確率は極めて少ないでしょう。優先順位をつけて、どこだったら目をつぶれるか、または改善してもらえそうかを判断しなくてはなりません。結婚相手は彼氏・彼女の存在とは全く異なります。だからこそ、選び方は慎重にするべきです。早まって結婚する必要はなく、自分の中でタイムリミットを決め理想の結婚相手を探した方がより豊かな人生になります。お付き合いしていても「この人しかいない」と思い込んだり、情でダラダラ付き合っている状態はもったいないです。もっと積極的に行動し、出会いの場を増やすことによって視野が広がっていきます。妥協をしないのが、最高の結婚相手の選び方でしょう。

身近に存在します

LOVE

社会人になってから増えてくるのが社内恋愛です。社会人になるとプライベートの時間が少なくなるため、必然的に社内恋愛が多くなってくるのです。会社の中で同じ部署になっていると、接触する機会も多いのでお互いの距離感も近くなりやすいです。会社内の異性が気になったときに、どのようにアプローチをすれば良いか分からないという人も多いです。会社内の異性と仲良くなるときに多いシチュエーションは、残業と飲み会の席です。残業は少ない人数で行うので、相手の異性と二人きりで仕事をするケースもあります。仕事で一緒に同じ目標に向かっていると、お互いの距離を縮められるので、社内恋愛に発展しやすいです。飲み会の席は仕事をしているときよりもプライベートに近い環境になっているので、いつもと違うシチュエーションになっていてアプローチもしやすいです。プライベートな話をすることもできて、連絡先の交換をしたり、相手の家に行くことも難しくありません。社内恋愛のアプローチの仕方は、なるべく会社内の中で行うよりも仕事が終わってから相手を誘うようにしましょう。最初は二人きりで居酒屋で飲んだりして、仕事のことを話すと相手も警戒しません。そこから徐々にプライベートな話をして、相手にアプローチを仕掛けましょう。その後にプライベートな日に一緒に食事をしたり、趣味が合っている場合にはデートの誘いもしてみましょう。最初から積極的にアプローチをするよりも、相手の悩みを聞いてあげると、そこから恋愛関係に発展しやすいです。

出会いの場での会話

合コン

合コンなどの出会いの場において、「どのような話題を選択するか」はとても重要です。話題の選び方1つで、合コンの場が天国にも地獄にもなります。そのため、話題を選択する際には、慎重に慎重を重ねることが大切です。一口に話題といっても様々であり、合コンにふさわしい話題もあれば、そうではない話題もあります。合コンにふさわしい話題が思い浮かばない場合は、「合コンにふさわしくない話題」を思い浮かべると良いでしょう。これは合コンに限ったことではありませんが、何を話したら良いのわからない状況においては、「何を話したらいけないか」を考えてみると、打開策が浮かぶことがあります。まずは外堀をしっかりと固めてから、本丸の落とし方をじっくりと考えるのです。引き算の思考で物事を考えていけば、自然と答えに辿り着きます。合コンの場においては、ネガティブな話は避けた方が良いでしょう。初対面の人に対して、「昨日、ペットが死んだ」と話しても、芳しい反応が返ってこないであろうことは想像に難くありません。ネガティブな会話を避けることが、ポジティブな会話の成就につながります。どの話題を選ぶかということはもちろん大事ですが、それ以上に大事なのが、「どのように話すか」です。例え話題がポジティブなものであったとしても話し方がネガティブだったら元も子もありません。これは何事にも言えることですが、コンテンツ(中身)だけではなく、メディア(外側)にも十分に気を遣うことが大事です。

馴染みやすさがある

手を繋ぐ人

社会人で結婚相手との縁があった場所として同じ職場での出会いが人気です。毎日顔を合わせられる社内恋愛は一緒に仕事をして信頼関係を築くことができ、その信頼関係は好感度にも繋がるのでお互いに良い刺激になるでしょう。気になる異性が居ない場合は周囲に婚活がしたいとアプローチをして行動することも大事です。

詳しく読む

理想のパートナー像を描く

ハートを持つ人

最高の結婚相手の選び方は妥協しないことです。自分の理想とする結婚相手像を作っておき、照らし合わせることが重要です。年齢のリミットを設け、様々な場所に出掛けましょう。生涯共にするパートナーだからこそ、慎重に選びたいものです。

詳しく読む

幸せな選択をしよう

ハート

社内恋愛においては、はじめからゴールインまで内緒にするというのは、難しいものです。独身の同僚だけでなく、既婚者を味方につけることは、とても心強いものです。もし、不安なことがあれば、周りにいる優しい既婚者に相談してみると良いでしょう。

詳しく読む